酵素を多く含む食品とは?

前の項目で「食物酵素」について少し説明をしましたが、ここでは酵素を多く含む食品とその食べ方についてお話をしてみたいと思います。

 

酵素を多く含む食品群としては主に以下のようなものが挙げられます。

  • 野菜
  • 果物
  • 発酵食品

野菜では、特にレタスやキャベツ、セロリ、ニンジン、大根、キュウリ、山芋などに多く含まれていると言われています。酵素は熱に弱い性質がありますので、できれば生で食べるのが一番良いとされています。

 

野菜を毎食たくさん取るのは大変だから、野菜ジュースを飲んでいればOKだと思っている人もいるかもしれませんが、酵素を摂取するという意味では野菜ジュースはあまり意味がないと言えます。先ほどもお話したように酵素は熱に弱い性質がありますので、製造の段階で熱処理をされる市販の野菜ジュースの場合、ビタミンなどの栄養素は含まれていても酵素の摂取に関してはあまり期待ができないというわけです。

 

逆に自宅で野菜を絞って作った野菜ジュースの場合は、熱を加えなければ酵素を摂取する事はできるでしょう。市販のものであるならば、野菜ジュースよりも酵素を摂取する事を目的として製造された酵素ドリンクの方が摂取効率はよいと言えるでしょう。

 

さて、話しは戻りますがこの酵素、私達がよく食べるフルーツの中では特にパパイヤやマンゴー、バナナ、キウイにアボガドなどで多く含まれていることが知られます。酵素はダイエットにもいいという話しをよく聞きますので、糖質の多い果物をたくさん食べるるのは・・・と思う人もいるかもしれませんね。

 

でも、果物に含まれる糖質は代謝が早いため、体脂肪として蓄積されにくと言われています。特にバナナなどは、手軽に購入できますし、酵素も多く含まれていてダイエットにも適した果物と言われています。また栄養価も高いので積極的に摂取したい果物でもあります。

 

それから、発酵食品には非常に多くの酵素が含まれていると言われています。発酵食品というと、みそ、納豆、しょうゆ、漬け物、チーズ、ヨーグルト、キムチなどが挙げられます。これらの食品は、微生物の働きによって糖質やたんぱく質、でんぷんなどが分解された状態になっています。この分解作用によってうま味成分が作れ出され、栄養価も高まり、さらには消化に良いという何とも体によい食品が発酵食品なのです。特に発酵食品にふくまれる酵素は消化を助ける働きをします。

 

 

コスパの高い人気1酵素ドリンク→お嬢様酵素の口コミを調べて飲んでみました!